価格の安さが人気の理由

クレーン

程度の良いものが多い

クレーンは工事現場でよく見かけるものですが、トラックなどの商用車と比べると中古車の流通量は多くありません。しかし、特殊な車両である分、新品で購入する場合の価格は高額になってしまい、安価で購入できる中古クレーンのニーズが高まっています。中古クレーンといっても、工事現場などのハードな環境で使われるクレーンは耐久性がとても高く、10年以上や20万キロ以上走っている中古クレーンであっても新品と同じような能力を保っているため使用上は全く問題ありません。しかし、もし剛性不足でシャーシが折れるようなことがあると事故に繋がることがあるので、点検簿がしっかりと残されていて、点検記録が記載してある中古クレーンを購入するようにしてください。中古クレーンの人気の高い理由は料金の安さですが、程度の悪いクレーンはほとんど出回っていないことも人気になっている理由のひとつとしてあげられます。建設会社で使われているクレーンは万全のメンテナンスを受けていますし、リースで使われていたクレーンもリース会社がしっかり整備をしてからリースに出されています。そのため中古市場に出てきている中古クレーンも程度のよいものが多く、整備費が安くできると評判です。中古クレーンはトラックと荷台とセットで売られていることも多いですが、クレーン単体で販売していることもあります。もしクレーン単体だけを希望している場合は、セットで売られている場合でも単体で販売してくれることもあるので交渉してみてください。